IMG_9246.jpg
以前から上田電鉄別所線は下之郷駅をモチーフにしたレイアウトを作ったりしている桜田ですが、このたびGMから待ちに待った1000系のラッピング車が出るとのことで即予約しまして、どちらも1編成ずつ購入しました。結論から言うとどちらも大変良い出来でした。(値段についてはノーコメント)。

ということで、いつもの細かいことはあまり言わない雑レビューです。

・50706 GM 上田電鉄1000系「自然と友だち2号」2両編成セット(動力付き)
IMG_9212.jpg
まずは自然と友だち2号(1003F)から。スカート曲がってますが撮り直すのが面倒くさくてそのままです。ごめんなさい。前面のロゴまで鮮明に印刷できています。

IMG_9216.jpg
デハの側面です。上田の豊かな自然を表しているカラフルな側面が綺麗に印刷されています。これまでのGM上田1000系ではドア横のワンマン乗車ステッカーはユーザ貼付でしたが、今回はこれも印刷になっています。なお、ドアガラスや方向幕のステッカーは別にステッカーが付属しています。


IMG_9254.jpg
単線電化の線路が良く似合う車両です。ライトも電球色でバッチリ。


・50707 GM 上田電鉄1000系「れいんどりーむ号」2両編成セット(動力付き)
IMG_9227.jpg
こちらは「れいんどりーむ号」(1002F)です。以前は自然と友だち1号でしたが、2021(令和3)年6月かられいんどりーむ号にラッピングを改めて運行を開始しています。
模様のモチーフは、上田市の日本遺産である「レイラインがつなぐ『太陽と大地の聖地』~龍と生きるまち信州上田・塩田平」がイメージされたデザインの列車…だそうです。(GM説明より引用)

IMG_9231.jpg
デハの側面です。こちらは自然と友だち2号よりも更に細密なラッピングですが、これも綺麗に印刷されています。GMの印刷技術はほんと良いですね。

IMG_9286.jpg
レイアウトに載せると、なかなか派手ですね!畑や田んぼの景色に映える車両で、レイアウト映えしそうです。編成で見ると、なお良いデザインです。


・いろいろ遊んでみる

IMG_9312.jpg
下之郷駅を発車する自然と友だち2号…と赤帯にさなだどりーむにまるまど7200と、上田電鉄も車両がそろってきました。これには桜田おじさんもニンマリ。


IMG_9302.jpg
視点を低くして思うのは、やはり架線がないと寂しいですね。洋白線の架線、たくさん作らないとな~。


IMG_9253.jpg
赤帯と離合するれいんどりーむ…下之郷行きたいなあ~!れいんどりーむの実車をまだ見たことがないので、久々に別所温泉に入って撮り鉄に行きたいところです。


・自然と友だち2号の実車の写真

DSC_0258_2022052423361316e.jpg
もう10年以上前になりますが、初めて上田に行ったときに自然と友だち2号を朝イチ撮影したときのもの。下之郷あたりで撮りました。
実車を見て思い出しましたが、ヘッドマークは必須ですね!これもステッカーに付属しているので、あとでつけようと思います。

DSC_0436 (1)
その後、舞田~中野間だと思いますが、編成写真が綺麗に撮れたかなと思っています。やっぱり1000系フェイスは本当に格好良いです。
赤帯もいいけど、上田は原型顔をしっかり活かしたラッピングで、本当に1000系が格好良く活躍しているので、東急9000・1000・2000顔ファンにはたまらない路線ではないでしょうか。


そんな中で来月、第一子が生まれる予定であり、上田に行くことはおろか、模型趣味すらしばらくままらないというのが実情…いつか子供が大きくなったらまた乗りに行きたいと思います。

以上、雑レビューでした。
スポンサーサイト



桜田です。東急グループ100周年トレイン、まずは地元の路線である大井町線9000系を撮ってきました。

・2022年5月1日(日) 東急9000系9007F(大井町線)東急グループ100周年トレイン

この日は午後から雨の予報でしたので、午前中に出撃。大井町線は各停で大井町~溝の口が30分程度ですので、今日みたいな曇りの日でしたら光線を気にせず上りも下りも狙うことで、2時間で4回も撮れてしまいます。
田園都市線や東横線だとそうも行きませんね。


DSC_2541.jpg
上野毛~等々力間。曇りだと思ったのに思いのほか光線がありました。順光の撮影地だったのでありがたかったのですが、残念ながら表示負けです。



DSC_2503_20220501143013d98.jpg
9015F。ここは下り列車を等々力渓谷と絡めて撮る方が個人的には好きです。
午後順光で、かつ側面がよく写る場所なので、そのうち天気の良い午後に100周年トレインを撮りに来たいなあ。

・中延駅

DSC_2570_202205011437251a9.jpg
普通のストレートな構図です。今日は曇りで光線を気にしないので来ましたが、肝心の側面ラッピングが思ったより目立ちませんでした。

今回の100周年トレインは側面のラッピングがキモなので、開けた場所から広角気味に撮りたいところ。しかし、大井町線は住宅街を縫うように走る路線なので、あまり開けた場所を走らないのが悩みどころです。

あ、でもあそこは少し高台走ってるし、結構開けてたかも…行ってみようかな!


・大岡山~北千束

DSC_2676_20220501143011822.jpg
迷った末がこれです。やってみたものの、どうなんだこれ感。あまりにも障害物が多すぎる!これなら大井町の高架橋で撮るか、下り青各停を多摩川河川敷で撮れば良かったか。
モヤモヤしつつ、ちょうどこのあたりで雨が降り始めましたので退散しました。

とりあえず3回撮影しましたが、撮り足りない感!他路線の100周年トレインも含めてまた撮りたいところです。


DSC_2589_20220501143020440.jpg
9003F。北千束駅のホームから、大井町線唯一のトンネル区間を背景にした構図。
今まで撮ったことがありませんでしたので、なんか新しい発見です。

ひとつ思ったのは100周年ラッピングとかのネタが走るのも嬉しいのですが、いつもの姿の車両であっても、新しい場所で撮れることも同じくらい嬉しいなと。
9000系のいろんな姿を記録できること自体に幸せを感じます。
決してもう長くないと思われる9000系の活躍。せめて手元にはたくさん記録を残しておきたいですね。

以上です。ではまた。
桜田です。胃腸炎で2日間ほどダウンしています。昨日、病院で点滴打ってだいぶ回復しましたが、いまだにお粥すら吐きそうという状況。熱もあるものの、そのほかの体調は回復してきたので、久々に家で溜まったあれこれを片付ける時間ができた!てことで、ブログを更新します。

・TOMIX 鉄道コレクション第31弾 ~季節外れの購入記~

鉄コレ第31弾を箱買いした記事、書きかけで放置していたものを発見したのでいちおう簡単に更新です。今更感満載ですが、せっかくなので!

■熊本電鉄03系

IMG_6794.jpg
いつもの上田電鉄レイアウトに置いてみます。03系はいつの間に、こんなにローカル感のある風景が似合うようになってしまったのでしょうか。


IMG_6821.jpg
前面の印象把握は結構良いのではないでしょうか。スカートも成形色ながら、形状はしっかり再現されています。ワンマンあるあるのバックミラーがオミットされているので、できればつけてみたいですね。

それにしても、しれっと上田の1000系と並べてもまるで違和感がありませんね。熊本にもいつか東急1000系来ないかな。


DSC_1839_20220227005936964.jpg
昨年(2021年)秋に九州出張がありましたので、熊本に寄り道したときに熊本電鉄にも寄り道をしてきました。東京の地下鉄が勢ぞろい!熊本電鉄はすごい。



DSC_1606_202202270059290ea.jpg
併用軌道区間で03系を撮ってきました。幼いころから東京で03系をヘビーユースしていた身からすると、改めて見ても信じがたい光景です。ぜひこの03系のために併用軌道モジュールでも作ってみたくなりました。


■西鉄7050系

IMG_6701 (1)
先般のブラインドパッケージで発売された西鉄7000系(4ドアのほう)に続き、その3ドア版たる7050系も次いで発売となりました。帯・ロゴともに綺麗に印刷されています。あとはライトリムが7000系の時から改良されているように見えます。
行先はワンマン大牟田。甘木~大牟田間では2両ワンマンで活躍していますので、増備せずともOK!


IMG_6694.jpg
手持ちの西鉄6050系と並べてみます。西鉄の車両はこれしか持っていませんが、増備したくなってきました!ところで最近、西鉄7000系+6050系の異形式併結での営業運転が行われたとか。とりあえずまずは全部TNカプラー化かな。


DSCF3981.jpg
実車の写真。これも昨年秋の九州出張のときのもので、西鉄久留米あたりで前面かぶりつきしながら撮ったものです。前面の印象把握は完璧ですね。


■北陸鉄道03系

IMG_6680.jpg
北陸鉄道浅野川線に導入された03系、オレンジ帯になって活躍しています。なお、今回第31弾のシークレットはオレンジ帯化前に短期間営業運転についていたシルバー帯(原色)の03系です。
造形に関しては熊本電鉄とほぼ同様ですが、スカートはスノープラウ型のものに作り分けられています。前面ステップと前面アンテナは後付けしたいですね。

幸いにして?一発でシークレットが当たったのですが、これが当たってしまうと2両編成がオレンジ帯・シルバー帯どちらも揃わず、1両ずつになるという仕様。コンプリートの難しさにシビれます。


IMG_6680.jpg
実車については昨年、デビューからほどなく北陸出張ついでに乗りに行っています。(詳細記事はこちらをクリック!


■京成3600系(3668編成)

IMG_6687.jpg
通称ターボ君こと、かの有名な3668Fです。箱買いしても2両しか揃わず、かつ車番も固定されているので、そのままの状態では4両編成を組成することは不可能という非常に不親切なパッケージです。もう2両仕入れて、屋根・床下・車両番号の入れ替えと、手間をかければどうにかなるかなという感じです。

4両にできたら、TN化して後ろに並べてある京成3100形J-TREC出場ごっこするのがいまのささやかな夢です。

IMG_6690 (1)
もっぱら京成金町線で活躍しているので行先は普通高砂で設定されています。そして床下には輝かしいVVVF!!東洋GTOの良い音がいまにも聞こえてきそうです。(形状違うけど!)



実車の動画を撮っていましたので参考まで。VVVFの音がいいですよね。


■近鉄6600系

IMG_6754 (1)
近鉄6600系は南大阪線系統の車両で、大阪線系統で活躍する1200系列の狭軌版です。1200系はたくさん乗ったことも撮ったこともあったのですが、6600系はなんと1枚も撮ったことがなかった…!(というか南大阪線ではろくに撮り鉄していなかった…)

ですが、自宅には過去に作った道明寺線の柏原南口駅ジオラマがあったので、とりあえずそれっぽく載せておきます。6600系はワンマン対応ではなく現在ワンマン運転になっている道明寺線に入ることはないのですが、南大阪線系統なので一応雰囲気はそれっぽい…ということで。

そんな感じで、箱買いしましたがどれも実際に最近乗ったり撮ったりした車両が多く、(北陸鉄道コンプリート&京成3668Fの改造以外は)大変満足のいく第31弾でした。

以上です。ではまた。