桜田です。仙台色に続き、KATOからようやく発売された盛岡色&青い森を購入。E127しか発売されていないころから、いつになったらKATOから701は出るんだろう?と待ち続けてましたが、こうしてさらに2色が発売!ありがたい限りです。読めばわかりますが、仙台色からの改善含めて総じて良い出来です。

※本記事の写真はクリックすると2倍の大きさで表示されます。画質はまずまずですが、ぜひどうぞ。

・KATO 701系1000番台盛岡色 & KATO 青い森鉄道 青い森701系

IMG_3885.jpg
言わずもがなですが、左が盛岡色、右が青い森です。仙台色から引き続き、どちらもステンレスの質感がよく、加えて青い森はのちほどじっくり見ますが、ラッピングがかなりきれいに印刷されています。造形も同様に仙台色の頃からですが、変わらず良い出来です。



IMG_3802_202009262103080b9.jpg
おなじみ2両ケースでの販売です。後述しますがスカートが仙台色から改善されましたので、ついでに盛岡色のASSYパーツ(スカート)を1袋購入しました。



IMG_3805.jpg
付属品は説明書・ステッカーと、写真に収め忘れましたが、ユーザー取り付けとなるパーツが少量です。
ステッカーの行先ですが、以下の通りです。また未貼付ですが、盛岡色は半自動ドア開閉ボタンのステッカーが付属してます。なかなかの存在感なので、これは早く貼りたいところ。

【盛岡色(LED)】いわて沼宮内、盛岡、北上、一関、快速盛岡、ワンマン盛岡、ワンマン北上、ワンマン一ノ関
【青い森(方向幕)】青森、浅虫温泉、八戸、三戸、盛岡



IMG_3813.jpg
帯色の紫が腰部に加えて肩部にも貼られているのが特徴の盛岡色701系。 クハ701-1014 + クモハ701-1014 の2連です。


IMG_3809.jpg
青い森701系も同様に2連。青い森700-8 + 青い森701-8 の2連です。青い森701系は大半がJR東からの譲渡車の1000番台なので、車体も足回りも盛岡車と同様です。



IMG_3912.jpg
購入時状態で既に装着されている電連カバーとホロのおかげで前面が立体的になっており、大変実感的です。また、現行仕様といえば欠かせないのが、屋根上の抵抗器の撤去跡。クモハの運転台側には仙台色1000番台同様にしっかりと表現されています。
そのほか、所属表記の印刷もしっかり入っています。さすがKATOです。


IMG_3923.jpg
盛岡色の前面。仙台色からの最大の改善点と言っても過言ではない、スカートの造形が特筆点です。仙台色では実車よりも面長に見えてしまっていたスカートが、今回の盛岡色では短く改良されているだけでなく、胴受け周りのジャンパ栓受け等のディテールアップも別パーツにより再現されています。

おかげで、かなり実感的な前面になったものと思います。



IMG_3919_2020092712493998d.jpg
青い森鉄道701系の前面ですが、一目見てわかる通り、モーリー君やレタリングの印刷はかなり精密に、綺麗に印刷されています。すばらしいですね~。
加えて、スカートも実車同様に強化型スカートに交換されています。秋田色が出るときにも使われるのでしょう。



IMG_3916_20200927124942050.jpg
クモハの連結面側です。パンタ周りは仙台色1000番台から特に変更はありません。車端部ホロ付、ボディマウントKATOカプラー、車端部床下機器ありと、抜かりがありません。方向幕はデフォルトで印刷がないため、自らでステッカーを貼る必要があります。
また、よく見るとわかりますが床下のグレー色も盛岡色は明るめ、青い森は暗めと、色合いをしっかり変えてあります。



IMG_3922.jpg
クハの車端部側です。こちらはトイレがある側は窓がありません。しっかりその下にはトイレタンクが装備されています。車いすスペース・フリースペース(盛岡色のみ)のステッカーも印刷済です。



IMG_3839.jpg
現在、わたしの保有する701系はこの4色となります。一番上の秋田色は鉄コレ青い森701系の塗り替えで、あとはすべてKATO製。鉄コレ改造秋田色は床下機器がまったく異なりますので、並べ替えをするか、もしくはもうKATOから秋田色が出るのを待つべきでしょう…。鉄コレも車体の造形は決して悪くないんですけどね。



701_light.jpg
ライトの点灯状況。ヘッドライト、テールライト、行先表示機、すべてよく点灯します。ヘッドライトの方、電圧が強すぎて光が強すぎたのかもしれませんが行先表示機の方からヘッドライトの方に少し明かり漏れしてますね。



IMG_3842.jpg
青い森も点灯の様子は同様ですね。しかしどちらも東北本線(と、元:東北本線)でしか活躍していませんので、単線がとにかく似合いません。



IMG_3876.jpg
ということで、単線と気付きにくい横からの角度で盛岡色を眺めます。まだこっちの方が違和感はないかもしれません。いやそれにしても格好良いです。もう少し近郊な風景で走らせてみたいところです。


・仙台色のスカート交換について

IMG_3892_20200926211857f9a.jpg
IMONでお会計前、レジ近くにASSYが売ってることに気づき、一緒に購入したスカートパーツです。これをどうするかというと、以前に発売されたKATOの701系1000番台仙台色はスカートがどうにも似ておりませんで、交換のために購入した次第です。




IMG_3894.jpg
左が交換前、右が交換後です(わかりにくい適当なモノサシをつけていますが…)。後述の実車の写真を見るとわかりますが、スカートが縮んだだけでもかなり実車に近くなった印象を持ちます。仙台色をすでにお持ちの方はぜひおすすめです。



・実車の写真 -701系盛岡色

DSC_0066_20200926205843c6b.jpg
2011年8月に盛岡駅で、快速はまゆりのキハ110と並ぶ701系です。まだ屋根上に抵抗器がありますので、更新前の姿ということでこちらは参考の写真でしょうか。



DSC_0060_202009262058422f4.jpg
当時、平泉観光のラッピング車が走っており、側面の腰帯のみが水色と黄色の太い帯になった編成がありました。こうして通常塗装との併結運転をしていましたので、複数編成購入する方はこんな感じに帯の張替えをして遊んでも面白いかもしれません。


DSC_0820.jpg
2014年11月に、またもや盛岡で見かけたときの写真です。「イーハトーブいわて物語」ということで、こちらもラッピング車です。そこまで詳しいわけではありませんが、盛岡の701系は色々とラッピングをしているんですね。ちなみにこのときは走行機器はIGBT化されていますが、まだ幕車です。



DSC_5084.jpg
2015年8月、こんどは一ノ関で撮影した4連です。下にも写真を載せている、岩手めんこいテレビのピンク色のラッピング車です。以前は白色ベースだったようですが、途中からピンク色になってより目立つ感じになっています。



DSCF5814.jpg
いっきに4年飛んで、2019年9月に盛岡で撮影した701系です。岩手めんこいテレビ再び!くわえて、以前から変わって半自動ドアボタン周りに青い注意書きステッカーが貼られています。今回の模型でも、別にステッカーが付いているので同様に貼ることで現行仕様になります。



DSCF5745.jpg
同じ旅行で、盛岡駅の通路から別編成を眺めた図です。屋根上の抵抗器撤去跡が目立ちます。



・実車の写真 - 青い森701系


DSC_4895.jpg
2019年9月に青森駅で撮影した青い森701系です。JR車との違いのうち目立つ部分は強化型スカートとなっていること、そしてもう一つは前面右側「青い森鉄道」の白抜き文字がある部分、JRマークはガラス内に表記があったところ、青い森鉄道の文字はガラスの上に印刷があります。

模型ではこの部分がしっかり差異がつけられており、最初その事実を知らなかったもので「ん?」と思いましたが、写真を見ると実車もそのとおりだったので、芸が細かいな~と感心したものです。


DSCF8658.jpg
こちらは上記写真の後のケツ打ちの、クハ側前面。強化型スカートの切り欠きが、両前面で左右が異なっており、模型でもそこはしっかりと作り分けられています。



・そういえばこんなのあった

DSC_0096_20200926205911b33.jpg
2011年8月、八戸駅にて。青い森鉄道は前述の通り、盛岡地区の701系が譲渡されたものですが、一部の編成は盛岡色に青い森ステッカーを貼っただけの簡易な転属改造のみで活躍を続けていました。その後、順次現在の水色のモーリー君塗装に変えられていきました。

青い森鉄道は鉄道コレクション第26弾(こちらも以前購入してます)でも旧塗装が模型化されており、今般の新塗装と盛岡色の商品化で、盛岡色を小改造すれば3色すべてそろうわけですね。
となると、やはりあとはIGRのKATOからの模型化が待たれるところ…!秋田色もあり、701系バリエーション展開はまだ続くものと思って、勝手に期待しています。


以上、701系の簡単なレビューでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック